au oneマーケットアプリケーションの更新

http://auone.jp/android/market.html

IS03でau oneマーケットのアプリケーションを起動すると更新が必要ということで更新してみたが、なんと驚く設定をしなければならない。

手順の中で、「提供元不明のアプリ」にチェックを入れろとあるのだが、これは署名のないアプリケーションのインストールを許可するもの。Androidマーケットでは、基本的に署名されているのが基本で、誰が作成したのかがわかるため、予期しない人のアプリケーションのインストールを防ぐことができる。なので、「提供元不明のアプリ」にチェックを入れることはまずない。しかしauは自分のマーケットでしか配布していないということで、ここをチェック外すように、デジタル証明書を付けないアプリケーションを配布しようとしている。いったんこれを設定してしまったら、再度チェックを付ける人がどれだけいるのだろうか?

IS03などでここの「提供元不明のアプリ」のチェックをつけてしまったら、以下の手順で、元に戻すべきだ。

  1. 「設定」アプリケーションを起動
  2. 「アプリケーション」-「提供元不明のアプリ」にチェックを外す

ちなみに、IS03の前にHT-03Aを1年間使っていたが、au oneマーケットのようなキャリア独自のマーケットがなかったこともあって、ここのチェックを付けたことはなかった。悪意のあるソフトウェアの侵入を防ぐには、現状ではデジタル証明書のチェックが一番大事な防衛策なのだが、なぜこのチェックを外させるのだろうか?デジタル証明書の費用がそんなにもったいないのだろうか?これで失う信用の方がずっともったいないと思うのだが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">